人事評価システム「CBASE」はこちら
コラム
カテゴリ

360度評価の正しい進め方とは?効果的に運用するための6STEPを解説

360度評価の正しい進め方とは?効果的に運用するための6STEPを解説

⇒【マンガでわかる】「360度評価」のメリットやデメリット、失敗しないための導入方法が詳しく学べる資料を1分でダウンロード

「360度評価の進め方について知りたい」
「360度評価はどのような進め方が望ましいのだろうか」
と気になりませんか。
360度評価の進め方は会社により多少の違いはあるものの、重要なポイントは会社全体が認識をしてから進めるということです。
なぜなら、受け入れる準備がないところに導入しても反応が薄く、現場から反発を受ける恐れもあるためです。
この記事を読めば、360度評価の正しい進め方について理解することができます
360度評価を効果的に運用したい人事の方は、ぜひ最後まで読んでいって下さい。

360度評価とは

360度評価とは従来の上位下達の人事評価制度ではなく、様々な立場の人材が1人の被評価者を評価する新しい評価制度のことを指します。
360度評価は上司の評価を部下が付けることもあり、これまでにない柔軟な評価を実現することが可能です。
また、評価のフィードバックを主眼においていることも特徴的です。
従来の評価制度では評価前面談などが周流でしたが、360度評価では評価後に評価についてのフィードバックを行うことが前提とされています。
そのため、評価について一定の理解や納得感を得られやすいことも大きな特徴となっています。
関連記事:360度評価(多面評価)とは?人事が効果的に運用するための重要なポイントを解説

【マンガでわかる!「360度評価入門ガイド」を無料ダウンロード】
「360度評価の基本知識」を12ページのマンガ形式でわかりやすく解説。
今ならすぐに資料のダウンロードが可能!
・360度評価のメリットやデメリットを知りたい
・失敗しない導入方法を知りたい
⇒資料ダウンロードはこちら

360度評価を行う目的は3つ

「360度評価を行う目的は何なのだろうか」と気になりませんか。
360度評価を行う目的は以下の通りです。
・納得性の高い評価の実現
・社員の育成
・フィードバックし合える組織風土作り
それぞれについて解説します。
関連記事:360度評価の目的とは?人事が知るべきメリットとデメリットについて解説

納得性の高い評価の実現

360度評価を導入する目的として、納得性の高い評価の実現があります。
360度評価は上司と部下、関係者が1人の人材を評価するためです。
これまでの上意下達の評価制度では管理職などの上位者が部下などの下位者を評価する仕組みでした。
そのため、納得性が低く透明感の低い評価になることも多い傾向にありました。
しかし、360度評価では従業員全員が評価に参加するため公平性が担保できます

社員の育成

360度評価導入の目的は社員を育成するという人材育成を目的とする企業が多いです。
なぜなら、全社員が評価に参加することによって多くの気付きを得られるためです。
社員が自分の仕事上の課題などに気づけるようになれば自発的な行動に期待できます。

フィードバックし合える組織風土作り

360度評価導入の目的として、フィードバックし合える組織風土作りがあります。
360度評価はフィードバックを行うことを前提として評価するためです。
評価を行いフィードバックする習慣をつける事で会社全体として仕事の振り返りを自然と行うことができる風土が醸造できます。
フィードバックを行うことでより効率的な仕事が出来るようになり、社員の自主性が育ちます。

【CBASE 360° なら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「CBASE 360°」の詳細を見る

360度評価の効果的な進め方6STEP

360度評価の効果的な進め方は主に下記の通りです。
・STEP1 実施目的を決める
・STEP2 運用方法を決定する
・STEP3 評価項目を決定する
・STEP4 実施前にシミュレーションを特定部署で行う
・STEP5 周知徹底する
・STEP6 実行する
それぞれについて解説します。

STEP1 実施目的を決める

進め方のSTEP1では360度評価の実施目的を決めます。
何のために360度評価を導入するのかを決定しなければ無理な制度導入となるためです。
例えば人材育成を主眼に置くのか、それとも組織風土改善を行うために導入するのかなどおおまかでも目的を持つようにして下さい。
最終的には目的がよりどころとなります。

STEP2 運用方法を決定する

進め方のSTEP2は運用方法を決定することです。
いつどのようなタイミングで評価を実施し、フィードバック面接を行うのかなど詳細なスケジュールまで決めましょう。
運用方法を決定することにより、具体的な制度の成功イメージがつかめます。
必ず具体的なスケジュールまでここで決めるようにして下さい。

STEP3 評価項目を決定する

進め方のSTEP3においては評価項目を決定します。
目的をすでに決定しましたが、達成したい目的から評価項目の設定や設問を導き出します
評価項目でどこを測りたいのかは目的がしっかりと決まっていれば決定しやすくなります。
もし、評価項目の設定がスムーズにいかない場合、STEP 1の目的設定を再考するようにして下さい。
関連記事:360度評価のコメント例文を紹介!部下から上司への評価方法とは?

STEP4 実施前にシミュレーションを特定部署で行う

進め方のSTEP4では実施前にシミュレーションを特定部署で行います。
実施前に必ず試験するようにして下さい
もしも適切な部署が存在しない場合、人事部内でも良いのでシミュレーションをするようにしましょう。
足りていない評価項目など具体的な問題点がここで分かります。

STEP5 周知徹底する

進め方のSTEP5は周知徹底です。
シミュレーションを終えたらいよいよ導入ですが、その前に周知徹底を必ず行ってください。
実際に評価運用を行う現場が制度を理解していないと混乱するためです。
導入前に必ず説明会をし、現場への理解促進をしましょう。

STEP6 実行する

進め方のSTEP6では360度評価を実行します。
360度評価を実施して、フィードバック面談をするところまで進めましょう。
実行している途中で現場から来た問い合わせなどは全て記録しておくことをおすすめします。
2回目の実施のときに活かせるようにデータを残しておきましょう。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

360度評価を進める上で重要なポイント

360度評価を進める上で主に重要なポイントは、以下の2つです。
・目的を必ず明確化する
・何度も繰り返すことを前提に実行する
それぞれについて解説します。

目的を必ず明確化する

360度評価を進める上で重要なことは、目的を明確化することです。
なぜなら、達成するべき目的がなければ失敗する傾向にあるためです。
何のために導入したのかを考えながら実行するようにしましょう。

何度も繰り返すことを前提に実行する

360度評価は何度も繰り返すことを前提に実行しましょう。
何度も繰り返して改善を行うためには実施するごとにデータを蓄積していくことが重要です。
実施するごとに起こった問題などをしっかりと記録しておきましょう。
繰り返すことで効果を実感することができます。

⇒CBASE 360°で自社の人事課題を解決する

360度評価導入後の進め方

360度評価導入後には、実施がスムーズになるように配慮を行いながら進める必要があります。
導入後に行うべきこととして、以下の2つがあります。
・必ず主催部署がフォローをすること
・現場の反応を見る事
それぞれについて解説します。

必ず主催部署がフォローをすること

360度評価を進めるにあたっては、必ず主催部署がフォローを行いましょう。
なぜなら、フォローがなければいい加減な回答をされてしまい、効果が薄れるためです。
例えば社員からの質問には丁寧に答える、現場で予測される問題点を実施前の段階に解決しておくなどの対策があります。
必ずフォローしましょう。

現場の反応を見る事

360度評価を実行するにあたっては必ず現場の反応を確かめましょう。
なぜなら、現場が明らかな拒否反応を示している場合はやり方を考え直す必要性があるためです。
例えば極端に評価の低い社員が出ることや回答を積極的にしたがらない部署が出ている場合は制度導入趣旨から説明しなおす必要性があります。
必ず現場の反応は目で見るようにして下さい。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「CBASE 360°」

360度評価のやりっぱなしは厳禁

360度評価は何度も繰り返すことが前提の評価制度です。
なぜなら、フィードバックを繰り返し行うことで組織改善が見込めるためです。
360度評価はやりっぱなしではなく必ず繰り返すようにして下さい。
1度終わると効果が薄れてしまい非常にもったいない状態になります。

⇒「CBASE 360°」について詳しくはこちら

まとめ

今回は、360度評価の進め方について解説させて頂きました。
360度評価の進め方としては以下の通りです。
・STEP1 実施目的を決める
・STEP2 運用方法を決定する
・STEP3 評価項目を決定する
・STEP4 実施前にシミュレーションを特定部署で行う
・STEP5 周知徹底する
・STEP6 実行する
事前に周知徹底を行い実行しましょう。


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「CBASE 360°」

    360度評価支援システム「CBASE 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「CBASE 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「CBASE 360°」

HRコラム編集部

「CBASE 360°」は、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。

CBASEサービスに関するお役立ち資料・
お問い合わせはこちら
お問い合わせ
CBASEサービス導入をご検討、
ご質問のある方

お問い合わせする

お見積もり
実際にCBASEサービスを
利用してみたい方

お見積もりのご依頼

お電話でのお問い合わせ
03-5315-44779:00-18:00(土日祝を除く)