Web Research+ ver 5.4 バージョンアップのお知らせです

この度のバージョンアップでは主に下記の改修を行っております。

  • ・セクション管理機能
  • ・データ加工機能
昨今、ASP形式のツールを社内インフラのデータと連携し様々なアンケートを実施するニーズが増えています。
導入企業様の組織が多様になるほどデータの取り扱い範囲や権限範囲が大きくなり導入へのハードルが高くなりASP導入の大きな課題となっておりました。

また日々アンケートを実施しているマーケッター、リサーチャーの方々が多くの時間を割かれている回答データの加工作業です。
効率化のためにBIツールを導入している企業様も多いと思います。

シーベース社のWeb Research+ ver 5.4は今回のアップデートにより、より詳細な権限設定を可能とし、集計・分析の手間を削減します。

より詳細な権限設定を可能とする“セクション管理機能”

回答データや集計データの閲覧・権限設定を部署や個人にそれぞれ設定する場合、非常に複雑かつ手間のかかる設定が必要になります。 セクション管理機能とは、権限グループを作成し管理者や部署を設定することでより柔軟な権限設定が可能になりました。

集計の手間を削減する“データ加工機能”

集計・分析を実施する前に回答データを加工する場面は多いと思います。
例えば、年齢のデータをグルーピングし10代単位に加工する、都道府県からエリア別にグルーピングするといった集計軸の作成などが挙げられます。本機能ではグルーピング加工を始め基本的な加工をWeb管理画面上で実施することが可能です。
またよく利用する定義は回答開始前に予め設定しておくことで集計までの手間を大幅に削減することが可能です。

これからもWebResearch+はお客様の目線に立ったサービス強化を実施して参ります。
今後とも変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

  • twitter
  • facebook
  • googleplus